旅するウドムサイ 第8回「伝説の木マニーコート」

IMG_7992

ウドムサイの県都サイ郡(Muang Xay)には、プータットの丘だけではなく、もう一つ有名な観光地として、サンティーパーブ寺院、地元の人からの愛称はバーンチェーン寺院(地名が由来) があります。ここには、伝説のマニーコートの木があります。

まずは、少しだけ伝説の説明を。

 

元々は仏教のお話。その昔、樹齢4,479年(当時)の大きな木があり、幹には大きな果実をつけています。大きさは直径約260cm、大きすぎてどんな動物も食べることは出来ず、大きく重たい果実が落果した際は地震を発生させ、大きな被害をもたらしました。

 

地震の影響で動物も森に住めなくなり、森の守り神である龍がブッダに助けを求めました。ブッタはそれを聞き入れマニーコートの木の下に坐りお経を唱えました。その結果、果実は小さくなり、動物たちはその実を食べられるようになったのです。

 

そしてその時よりそれぞれの枝にはそれぞれ形が異なる不思議な実が付きました。

 

“人間の形をした枝から生えた実”を食べるとその動物は人間になり、

“動物の形をした枝から生えた実”を食べた人間は動物になり、

“力の形をした枝から生えた実”を食べた者は強くなり、

“長寿の形をした枝から生えた実”を食べた者は長生きをしたと伝えられています。

 

この伝説になぞらえ、1990年にデザインされたコンクリート製のマニーコートの木には、伝説にあるような平和に暮らす動物たちと木の下で見守る仏陀が再現されています。間近で見るまで、コンクリート製であることに気付かないほど精巧に造られています。また、楽しそうに暮らす動物たちの姿も、魅力のひとつです。坐像は人々を救いの道へと誘うため考えておられる仏像と言われています。仏像にまつわるエピソードを知ってから寺院を巡るとまた違った面白さが出てくるのではないでしょうか。

 

ここの仏陀に願ったことは必ず叶うと言い伝えられているパワースポットのひとつです。

 

Vat Cheng


 

基本情報

・年中無休

・拝観無料

・シンスカートパビアンなどの民族衣装貸出なし

・アクセス:バーンチェーン

・ロケーション:サイ郡中心部

・関連(お問い合わせ):ウドムサイ情報文化観光局・観光案内所

http://www.oudomxay.info/ Facebook: Oudomxay Tourism

写真:サイナーム