特集-FEATURE- 

IMG_2630

暮らしてウドムサイ その4 ウドムサイの郷土料理

日本にいた頃、ラオス料理について知っていたことは「主食はカオニャオと呼ばれるもち米である」ということくらい。 もち米にあうお料理ってどんなものだろう、ラオスに着いて初めてのレストランで、それはそれはワクワクしたものです。   どれもスパイシーで、ちょっとしょっぱめで。それはもち米のためというより、ビールのために考えられたお料理じゃないかと思うような味付け。そのお陰で、ラオスに来てからとい…Learn Detail→

image1

旅するウドムサイ 第四回「ウドムサイの新しいリゾート」

今回はウドムサイの中心地サイ郡(Muang Xay)から東へ24Km、車で45分間ほど行ったところにある、自然豊かな「Namkat YolaPa」リゾートをご紹介します。 YolaPaとはリゾート周辺に住むカム族の言葉でYola(観光を楽しむ)Pa(森林)から、「森を楽しむ」という意味だそう。   リゾート施設から滝までは、電気自動車で森の中を5Kmほど進みます。 その後は整備された山道をトレッキ…Learn Detail→

11032651_392166740979164_2395627075919209709_n

タイトル:ウドムサイで仕事する 第3回:ラオスで怒る

ラオスで生活して1年半。 この間、私はラオスの人が怒るところをあまり見たことがありません。 ラオスに来たばかりの時に、長く生活している日本人から、「ラオス人に怒ると、びっくりしてしまうから怒ってはダメ」と言い聞かされたことを思い出します。 仕事の場面でも、展示会を手伝わずにピクニックに行ってしまうスタッフがいても、ポスターの印刷を頼みに行くだけというおつかいを3か月間延期しているスタッフがいても、…Learn Detail→

5

ウドムサイで温泉を楽しむ!

前回のウドムサイ温泉の紹介記事からの続編として、健康に良い温泉入浴法をご紹介します。   ウドムサイ県には、7つの郡がありますが、サイ郡、ナモー郡、ラー郡で温泉が確認されています。 その中で、現在、温泉施設として整備されているのが、ラー郡の温泉になります。 「ムアンラーリゾート」と呼ばれるフランス人が経営するホテルと「ラーカムホテル」と呼ばれるラオス人が経営する二つのホテルに温泉施設が設…Learn Detail→

IMG_2133

暮らしてウドムサイ その三 ウドムサイは寒いんです、本当に。

ラオスって東南アジアだよね。 じゃあ、半袖だけ持っていけば良いんだー。荷物少なく済んでラッキー。 ラオスに来ることが決まったのは、日本がまだ真冬の2月中旬。 毎日寒さに震える私は、南国東南アジアへの派遣が決まり、厚着から解放される喜びに胸が膨らみました。 派遣地はラオス北部のウドムサイ。当然まずはWeb検索。 既にウドムサイで活動中の隊員ブログも見つけました。 性別非公開の理由が気になりつつも、最…Learn Detail→