戦争の傷跡-WAR- 

%e3%83%81%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%9e%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e3%80%80%e5%9c%a8-%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

ラオスと不発弾 時事編

少し前のニュースになりますが、9月にラオスで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)の会議でオバマ大統領がアメリカの大統領として初めてラオスを訪問しました。オバマ大統領はラオス滞在中、COPE(Cooperative Orthotic and Prosthetic Enterprise:UXO Lao被害者に対して義肢義足やリハビリ支援をする団体)を訪問するとともにUXO Lao関係者からもラオス…Learn Detail→

ラオスと不発弾 時事編

ラオスの不発弾問題に詳しい林さんの硬派なコラムです。 9月にラオスで開かれるASEAN(東南アジア諸国連合)の会議が近づいてきました。 今回のASEANの会議にはオバマ大統領がアメリカの大統領として初めてラオスを訪問することになっています。 この訪問に先立ってアメリカの国家安全保障担当の副補佐官であるベンジャミン・ローズ氏がラオスのメディアのインタビューを受けました。   ローズ氏は、オ…Learn Detail→

回避教育チーム

ラオスと不発弾 その4 不発弾を処理する人々

ラオスの不発弾問題に詳しい林さんの硬派なコラムです。 不発弾を処理するには特殊な技術が必要とされる。 不発弾は爆発物なので、細心の注意を払って手順通りに処理しなければならない。決められた手順に従わなかった場合、作業中に爆発してしまう可能性もゼロではない。では、このような危険な作業に従事している人々はどういう人々でどのようにして除去員(不発弾を処理する人)になるのだろうか。   &nbsp…Learn Detail→

ラオスと不発弾 時事編

ラオスの不発弾問題に詳しい林さんの硬派なコラムです。   (写真:AFP)   1月24日、アメリカ国務長官のケリー氏がラオスを訪問しました。アメリカ国務長官としては、1955年以降、2012年のクリントン国務長官の訪問以来3人目です。今年、ラオスはASEANの議長国となっていて、ASEANの会議が年の後半に開かれる予定になっています。この会議には、オバマ大統領がアメリカ大統領…Learn Detail→

s-IMG_0103

ラオスと不発弾 その4 不発弾問題への対策とは

ラオスの不発弾問題に詳しい林さんの硬派なコラムです。   世界中から不発弾による被害がなくなること。 これが世界中で行われている「不発弾対策」といわれる活動の大きな目標である。   世界中で行われているとはいえその内容はいたってシンプルで、大まかにいえば、 1)不発弾があるかどうか調べ、あった場合には処理すること 2)不発弾が残る地域の人々に不発弾の危険性を伝え、被害にあわない…Learn Detail→