Lanith Cafe / ラニッ カフェ

毎週金曜日だけオープンする特別なレストランがワット・インペン近くにあるのをご存知ですか?

こちらのレストランは、職業訓練校Lanithの生徒たちが運営するレストランです。
お店に到着すると、入り口でお客様を待つスタッフがにこやかに迎えてくれます。店内は白を基調としたモダンな雰囲気で、すでにたくさんのお客さんで満員でした。

 

DSCF1111.

 

 

Lanith(Lao National Institute of Tourism and Hospitality)は、2013年に始まった2年制の学校で、現在60人以上の生徒が通っています。学生たちは、ホテル、キッチン、レストラン、トラベル&ツアーの分野にかわれてサービスについて学んでいます。年々、ラオスの都市部に外国人向けのホテルやレストランが増える中、そこで働くラオス人スタッフのサービス向上を目指しています。

このレストランは、これから2ヶ月間インターンシップで働く前の学生たちにとって最後の実践トレーニングの場だそうで、皆緊張した面持ちで働いていました。

彼は、私のテーブルを担当してくれたウエイターさん。私が席に着くと、挨拶をしてドリンクのオーダーやメインのお料理の注文を丁寧にとってくれました。
英語はトレーニング中ということで、たどたどしいところはありましたが、一生懸命さが伝わってきました。

 

DSCF1103.

 

お料理は、キッチンスタッフの生徒たちが作ったもので、この2年間でさまざまな西洋料理を習うそうです。

この日のメニューは、ホームメイドパスタに、ボロネーゼかクリームソースのどちらか選べるパスタメニュー。そして、食後には3種のデザートが乗ったデザートプレートのセットでした。

 

 

DSCF1107.
パスタは、クリームですがあっさりとした味付けで食べやすく、ソースのきのことベーコンが具だくさんなのが嬉しかったです。デザート類は、チョコレートムース、バニラアイス、レモンタルトが並んでいてどれも美味しかったですが、中でもムースはチョコレートが濃厚でとても美味しかったです。
DSCF1114.
トレーニングの一環として営業しているLanith Cafeですが、40,000Kipで本格的なランチセットが味わえて、とても満足できました。

食事の後には、アンケートが各テーブルに配られコメントを記入します。このコメントは、この日のうちにトレーナーから生徒たちへ発表され、今後に生かされます。
また、Lanithには高卒以上の資格があれば入学することができます。一番大切にしていることは、面接の際のやる気があるかどうかというポイントだそう。レストランで働く生徒たちは、今まで学んだことを丁寧に実践する生き生きとした姿が見られ、学内では午後の授業準備に忙しそうな生徒たちの姿が多く見られました。

 

DSCF1116.

 

お話をうかがったディレクターの方は、「今のラオスのサービスは、まだまだレベルが低い。しかし、今後Lanithの卒業生が、就職先でここで学んだことを実践していくことで、他の人たちにも影響を与え、ラオス全体のサービスの質を上げていくようになって欲しい。」と力強くおっしゃってみえました。そして、「生徒たちは、外国人のお客様に対してのサービスを学んでいます。しかし、現在、お客様のほとんどはラオス人です。もっと外国人の方にも足を運んで、ぜひ私たちのトレーニングにも協力をしていただきたいです。」とおっしゃってみえました。

金曜日は、Lanith Cafeのランチに足を運んでみてはいかがでしょうか?(yuki)

 

■Lanith Cafe /ラニッカフェ
住所       : Khounboulom Road, Ban Watchan, Chantabouly District, Vientiane
電話番号:021 263 172
Email       :  talent@lanith.com
営業時間:11:30〜14:00
営業日    :金曜日のランチタイム

https://www.facebook.com/Lanith.Vientiane/?fref=ts

http://www.lanith.com

※ Lanith Cafeは、完全予約制です。必ずお電話かメールにて、ご予約されてから来店ください。
また、7〜8月はインターンシップのため休業。9月から営業再開始します。詳しい日程については、facebookかHPでご確認いただくか、直接お問い合わせください。