Taste of Laos

2004年、ラオスで初めて発行された、

ラオス最大部数を誇る日本語フリーペーパー&総合情報誌!

■仕様

  • 創刊:2004年9月
  • 発行:季刊(年4回。1、4、7、10月発行)
  • 部数:実刷32,000部/年 (8,000部/号)
  • 仕様:A3変型、16~20ページ、オールカラー

 

■ターゲット

  • 日本人渡航者数 (ラオス訪問者数:約50,000人/年)

    在住邦人(首都ビエンチャンで約600人/全国約700人)

  • 各国の観光客・在住者(高品質な地図を求めて、欧米人やラオス人を含むアジア人にも好評です)

 

■主な配布先

空港、ツーリスト・インフォメーション・センター、ホテル、レストラン、ツアー会社、大使館、JICAをはじめ、上記ターゲットが訪れる場所を中心に配布中。

  • ビエンチャンの例:ワッタイ空港 国際線ターミナル、ツーリスト・インフォメーション・センター、日本大使館、JICA、HIS、ハッピースマイルツアー、ラオプラザホテル、メルキュール・ビエンチャン、サマーセット・ビエンチャン、じゃぱん亭、キッチン東京、ベノニカフェ、トゥルーカフェ、オケラカフェ 他
  • ルアンパバンの例:ルアンパバン国際空港、ツーリスト・インフォメーション・センター、HIS、シエントン・トラベル、ハッピースマイルツアー、ルアンサイ・レジデンス、インディゴ・ハウス、カイペン 他
  • パクセーの例:ツーリスト・インフォメーション・センター、モニュメント・ブックス、パクセーホテル、チャンパサック・グランド・ホテル 他

 

■主な内容①:記事

ラオスの生活情報から観光情報、ニュース、地方のディープな民族物語まで、タイムリーかつ多彩なテーマで特集・コラムを掲載中。

出版社や雑誌がほとんど存在しないラオスにおいて、数少ない総合情報誌として人気を博しています。

ビジネスマンから旅行者まで、読者層は年齢・性別を問いません。

  • 特集例:「We love Luang Prabang」「ラオ・プレミアリーグに行こう」「踊るラオス人」「ラオスの景気考える」「みんなで創るラオスのキャッチフレーズ」「ビエンチャンの路地を行く」「ラオスでパワスポ探し」「こだわるラオス珈琲」「ルアンパバーンの“向う岸”」「国際協力のチカラ」「大使インタビュー」 他
  • コラム例:「経済インタビュー」「チャムパーサック通信」「ラオスの本棚」「OH! MY ローカル食いだおれ」「留学生の生活術」「森の民クム、暮らしと自然をめぐる物語」「ボランティア現場リポート」「ラオスの田舎に暮らす」 他

 

■主な内容②:地図

各国大使館や領事館、病院、主だった政府機関から街のランドマーク、観光地、旅行代理店、人気のホテルやレストランまで、観光客・在住者に必要な情報を網羅しています。

  • 取り外し可能な地図で、観光に最適
  • ラオス北・中・南部に位置する3大都市をカバー(ビエンチャン、ルアンパバン、パクセー。号によってサワナケート)
  • ラオス随一の高精度な地図を採用(ラオス地図局のデータを買い取り、独自に制作。毎号発行前には現地調査を実施)

 

■主な内容③:インデックス

ビエンチャン、ルアンパバンのより詳細な情報をインデックスに集約。

観光地やホテル・レストラン等の情報を個別に掲載し、概要や電話番号、地図上の位置を表記。

スポンサー様についてはより目立つデザインを施し、広告頁と地図上の位置を記しています。

 

■主な内容④:広告

3大都市の一流店・有名店を中心に掲載。

大使館や語学学校・金融機関・通信社・旅行代理店から、ホテルやレストラン・カフェ・バー・輸入食材&雑貨店・ブティック・スパまで業種は多彩で、スポンサー様のブランディングに貢献しています。

  • スポンサー様の例:日本大使館、JCB、HIS、ラオプラザホテル、サマーセット・ビエンチャン、MARUHAN、Beeline、チャンパ日本語学校、ビアラオ 他

 

————————————————————————————————————————————–

■過去号ダウンロード